一升餅で大切な赤ちゃんのお祝い ~ 一生元気に健やかに ~

ギフト

気になる引き出物選び

ギフト

人は生活をしていくうえで、人生の節目節目にお祝いをもらうことがあります。子供の時には、入学祝、就職祝いが主なものです。大人になると、大きな節目が結婚でしょう。結婚の際にはお礼の意味でゲストに引き出物を渡す習慣があります。

Read More...

花を贈る

花

女性にプレゼントを贈る際に悩んでしまう男性は多いでしょう。もしも悩んでしまった場合は花を贈る事を考えてみましょう。花と言っても花束としてやプリザーブドフラワーなどのアレンジメントの種類があります。

Read More...

赤ちゃんの1歳祝い

新しい門出や何かの節目の時はお祝いをします。赤ちゃんの100日記念や、1歳祝い、成人式、就職祝い、結婚など、ライフステージや環境の変化に合わせて親族や、仲間たちとお祝いをするのです。お祝事に応じて、贈り物の種類も変わってきます。結婚式であれば、結婚の内祝いや、ウェルカムボードを贈ることもあるでしょう。最近では、キャラクターものの電報などを利用する人も多いです。また、新しく店舗を構えて商売を始める人が居た場合は、開店祝いとしてお花を贈ったりもします。赤ちゃんがいる家庭では1歳の記念に一升餅を利用することもあります。祝いごとに合わせた品を贈ることで、お祝いごとのありがたみを皆で共有することが出来るのです。

赤ちゃんの1歳のお祝いに、一升餅を利用する地域は多いです。一升餅の一升には、一生となぞらえていて、一生食べるもの困らず、一生健康に育つように、一生丸くといった意味が込められています。日本では昔から、赤ちゃんが1歳になった際に、これからの人世を健やかに成長してくことを願って行なわれてきた伝統行事の1つなのです。一升餅は地域によって誕生祝い餅、踏み餅、背負わせ餅、転ばせ餅など様々な呼ばれ方をしています。一般的には、風呂敷に一升餅を入れて、赤ちゃんに背負わせる方法が一升餅の方法だと言われています。ですが、一升餅の利用方法も各地域の呼び名のように、1歳の赤ちゃんに踏ませたり、背負わせたり、抱かせたりするようです。一升餅を利用して、誕生祝いをする倍は、一升餅のタイプもたくさんあるので、招くお客の人数や年齢層に合わせて、自分好みの一升餅を選ぶと良いでしょう。イベントを行う日をあらためて確認し、余裕を持って準備を進めましょう。

電報で気持ちを伝える

ギフト

人間には様々な付き合いがあります。慶弔の際には自分自身で喜んだり悲しんだりする気持ちを伝えるのが一番ですがどうしても参加できない様な場合もあります。そのような際に利用すると良いのが電報です。

Read More...