一升餅で大切な赤ちゃんのお祝い ~ 一生元気に健やかに ~

ギフト

電報で気持ちを伝える

お祝いやお悔やみをスマートに伝えられる大人になろう

ギフト

社会人になると自分自身の人間関係というものも広がり始め、ご縁が結ぶ慶ばしい事もそして悲しいお別れもあるものです。 出来れば駆けつけて慶びや悲しみを共有したい所ですが、そうもいかない場合も多いのが現実です。そんな時、事情がありうかがえなかった事は相手にもわかりますが、駆けつけられなくても祝う気持ちやお悔やみする気持ちがあった事を電報でお届けしましょう。 届くのは言葉だけではありません。相手を思うあなたの気持ちも届くのです。そんな気遣いは、豊かな人生に大切な仲間や身の回りの方との絆をより確かなものにしてくれます。 また慶弔の電報はお届けまで3日以上の余裕をもって申し込むと150円割引されるといったサービスがあるのでお得に利用できます。

申し込み方法は電話とWEBの2種類

電報をお願いするには115(8時から22時まで)の24時間通話無料ダイヤルに電話をするか、電報サービス115というサイトで申し込む事が出来ます。 もし初めて電報を送る方であれば、サイトを閲覧してみるのをお勧めします。 電報を送る台紙となる様々な商品を見て、送ろうとしている方の笑顔が想像出来たら素敵な電報になる事でしょう。 通常電報はメッセージ料(文字数で変動)用途料(お祝い、お悔やみ、連絡用でベース料金に違いあり)台紙代金(2015年4月現在、一番安いものは0円で1番高額なものでも15,000円ほど)で構成されます。 連絡用で0円の台紙を使い25文字以内の文章を送ると500円前後といった感じになります。